Re:Cycle Re:Creation
by onemind
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
<   2013年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
新しいタグ。
たくさんの入荷が続いています。

d0107785_1458463.jpg

d0107785_14591626.jpg

d0107785_14595981.jpg

d0107785_1511429.jpg


入荷の詳細はこちらから

本日も10点程アップ予定です。






最近ですがお店のタグを新しくしました。
d0107785_14253131.jpg

いままでのタグから約6年。
小さなことかもしれませんが変えられる所を変えていく。

お客様に対するものというより、自分達のモチベーションを変えたりといった側面のほうが大きいような
今回のタグの変更です。

2013年から目標としていままで普通だと思っていたことに疑問を持ち、再検証を繰り返しています。
オープンして6年も経つと当時は新しいと思えていたものが少し古くなって見えてきます。

自分を含めスタッフはその古くなってしまった考えやシステムに対して気づかなかったり、見て見ぬ振りをしてしまいがちになります。
小さな部分からでも気づき、改善していこうと思います。
その為にはいろいろなことにアンテナを張り、経験、体験、目で見ることで自分を俯瞰で物を見れる力が必要だと感じています。

仕事としてやっていることはいままでもこれからも何も変わらないかも知れません。
しかしその中身だったり、見せ方、考え方だけは常に刷新していきたいです。


[PR]
by onemind | 2013-02-25 15:40
三寒四温
札幌の大きな行事の一つ雪祭り。
ここ数年は本当に海外の方が多くなりましたね。
欧米、中国、東南アジアいろいろご来店、お買い物していただき本当に嬉しい限りです。
そんなイベントも終わり。

三寒四温(さんかんしおん)ーwikiよりー
冬季に寒い日が三日ほど続くと、そのあと四日ほど温暖な日が続き、また寒くなるというように7日周期で寒暖が繰り返される現象。
まだ春というには早いかもしれませんが、春に向けて少しずつ近づき始めている札幌です。

お店に商品の内容も少しずつですが春っぽいものに変わり始めています。
今年はややカラフルな商品を求められるお客様が多いように感じます。

景気の悪いときはダークトーンの服を求める方が多いと聞きます。
少しでもカラフルな服を着て気持ちから意識を変えるには最適な時期かと。

d0107785_1444683.jpg

↑バナーをクリックすると新着商品ページにジャンプします。

最近本を読むことが増えています。

More
[PR]
by onemind | 2013-02-13 15:09 | item news
GO OUT掲載。
現在発売中のGO OUT3月号の寒さに負けない完全防寒アイテムという企画にて
掲載させていただきました。
周りはおしゃれ有名人ばかりの中大丈夫なんでしょうか?
d0107785_13223539.jpg

しかし人生初の1ページ掲載本当にうれしかったです。
ご近所のseek、mojane、よく遊びにいくbar libidoのスタッフも出ていたり
個人的にはニヤニヤする内容となっています。


d0107785_1328578.jpg

春の買取のバナーも変更させていただきました。









全然話は変わるのですが
僕の友人が人生の次のステップへ旅立っていきました。

昔からの仲間が
旅立っていくことに寂しいというよりも
すごい尊敬の念をもっています。

自分たちでものや空間を作り上げ、実際に体験し、悩み、考え、笑いも涙も経験し判断してこれからの道を選ぶ。
ものすごいパワーと想いがなければできません。

「行動」せずして「経験」することはない。
「経験」なくして「感情」は動かない。
「感情」なくして「情熱」は生まれない。
「情熱」なくして「継続的に何かを続けるモチベーション」は生まれない。
「継続的に何かを続けるモチベーション」なくして、難しいことを実現することは難しい。

最近ネットでこの言葉を見つけ、
自分が常に意識している言葉です。
行動こそがすべての出発点。

僕の友人はまさにそれを体現していると思います。
ぼくは彼らが選んだことは継続をやめたとは思っていません。

長い人生の中変化していくことは当然だと思っています。

時代によって周りの環境も仕事も価値観も変化し続ける。
その変化を否定せず肯定することがいまの時代とても重要なことだと思います。


最近よく言われるゆとり世代を否定するのはかんたんです。
否定するのは理解ができないのではなく理解しようとしないから。

彼らは彼らなりにTVなど既存のメディアに頼らず、
独自のメディアを持ち、そこをもとにカルチャーを生み出していると思います。
ニコ動やコミケなんかがいい例。
だからどうやってももうTVの視聴率なんて上がる訳なんかない。

クラシックもジャズもヒップホップも最初は大人が忌み嫌うものだった。

その変化をつかみ取るには行動だと思います。
でも焦ってもしょうがない、大きく行動するには小さな行動を繰り返すこと。

でも遊びも仕事も休みが大事。
休むことでフラットに周りが見られる事もあるんです。

”完璧であろうとするな、より良くなろうと思え”と
誰かも本に書いていたっけ。

だから自分のペースでいこう。
長い人生だからなー。
[PR]
by onemind | 2013-02-02 14:35 | ■買い取り強化中アイテム